わたしは22才です。

 

もともと胃が弱いほうで、数年前に慢性びらん性胃炎にもなりました。

 

その時は、レバミピド、エスパレキサン、ファモスタジンなどを処方してもらい、よくなったのですが、胃の悪い時期ぐらいから、食事を摂ると胃もたれをするようになました。

 

満腹まで食べると、食後に吐き気に襲われます。

 

 

満腹まで食べないと食事量が少ないので、便秘も酷いですし、風邪も引きやすくなったり、体調も崩しやすい方だと思います。
そのへんの弱さをサプリで補おうと思ってサプリを飲みましたが、更に胃痛が酷くなりました。

 

最初は、胃の調子が悪くなるとその都度お医者さんに行って、六君子湯やSM散など処方してもらっていたのですが、胃痛や胃もたれは突然やってくるので、利便性からいつでも買える市販の胃薬を常用するようになっていました。

 

食後の胃もたれや胃痛は、酷いときは胃薬を飲めば治りますが毎回飲む訳にもいかないな、、と最近思うようになりました。

 

多い時期は一日2回、昼と夜に毎日飲み続けたりしていましたが、いくら胃薬といえど副作用とか大丈夫なのか?と疑問を抱くようになり、調べてみました。

 

胃薬を飲み過ぎると・・・

調べてみると、胃薬はあまり常用すると、効かなくなるという話もありますし、薬ですから何らかの副作用は必ずあるというのです。

 

また、一般論として、薬の常用は肝臓にダメージを与えるそうです。

 

それに、軽い嘔吐恐怖症なのかもしれませんが、薬を忘れて外食に出たりすると、ちょっとパニックになります。それに友人や家族との外食で胃薬を飲むところを見られるのもなんか気が引けます。

 

家ならいざという時は自分の部屋で胃薬を飲めばいいのですが、こうしたことから外食が億劫になり、家での食事ばかりになりました。

 

こういう胃薬への依存をなんとかしたいなと思って自分なりに対策を調べてみました。

 

胃薬への依存をやめるための対策

まずは養命酒です。
試してみたところ、思っていたよりも不味くないし、最初は気分的なものもあってか、胃の調子が良かったのですが、やっぱり胃もたれは無くなりませんでした。

 

養命酒が効いたという人の話を聞くと、一年はサボらずに続けてみる必要がある・・・というのです。もちろん続けてみようかなとも思いますが、根気のいる話です((+_+))

 

糖質を控える
糖質を可能な限り控えたら胃が弱い体質を変える事ができるという説がありました。

 

人間の消化器系では、糖質は完全に消化吸収ができないらしく、
それでも胃袋が、がんばって消化させようとするから、大量の胃酸を分泌させるので、ほとんどの人はこれを繰り返すと胃酸過多、胃炎、胃痛、胃潰瘍になってしまうという考え方です。

 

確かにそうかもな〜・・・とは思うのですが、やってみると本当キツイです、糖質制限。

 

キツイのもありますが、糖質制限を考えたら他人との外食なんてほぼできませんから、外食したいのが悩みの私からしたら本末転倒です。

 

毎日飲んで胃に良い生薬

そこで、薬でもないサプリでもないものを探していて見つけたのが「イツラック」という生薬です。

 

私と同じように薬を常用したくない人向けに作られたみたいで、

サイトにも↑こういう風に書いてあったので試しに飲んでみることに。

 


名前からして胃痛に効きそうですが、↑胃もたれや逆食にも対応してます。

 

胃薬の常用と違って、毎日続けることが前提の生薬なんですね。
というか、むしろ続けると胃に良いというのです。

 

そういう意味だと養命酒と似てるのですが、養命酒と違うのは胃に特化しているという点。
そのせいか、養命酒と違って1年も続けなくても最初からいい感じになりました。

 

長く続けていると食事への不安感が結構和らいできたのでしょうか、最近は普通に外食にも出かけられるようになりました。
友達との会話でも前は食事の話題を避けるようにしていたのが、今では自分から、あのラーメン食べに行こうよとか話題を振れるまでになったんです。

 

それと、私の買ったときは無かったのですが・・
毎月100名先着でモニターコースというのがあって、かなり安いので、胃薬をたくさん飲んでいる人は試してみるといいと思いますよ。
>>イツラックのモニターコースはこちら